So-net無料ブログ作成
検索選択

339日目 ビーニャデルマル→バルパライソ→ビーニャデルマル [30 チリ]

『ヨシ君との再会』


今日も朝起きれず、魚市場に行く事はできなかった。
情けない…。


気を取り直してバルパライソへ出かける。
と言っても、宿からバルパライソまではコレクティーボで20分くらいなので
ビーニャデルマルの街にでるのとそんなに変わらないイメージ
ビーニャデルマルとバルパライソが7kmしか離れてないので無理もない。

宿のまん前からコレクティーボに乗りバルパライソへ。
最初コレクティーボは分かりづらいと思ってたけど、
一度乗ってしまい、勝手が分かればとても使い勝手がよいと分かった。


バルパライソに特に何があるというわけではなく、
庶民の街だが、ここはチリ最大の港町らしい。
またこの街の斜面に建つカラフルな家々の街並みは、
世界遺産として指定されている。
街をウロウロして、斜面のカラフルさに見入り、
青空市場に目を向け時を過ごす。

宿の人はこの街で引ったくりにあって、
現金を失ったと聞いたので、
多少警戒してたが、そういう雰囲気は感じなかった。
どの国でもそうだが、夜歩きを避け、裏通りなどに入らなければ
危ないと言われる街でもそうそう被害に遭わないものだと
経験的に思うオレであった。
この街で言えば、危ないのは斜面の上のほう。
観光客もほとんどらず、貧しい人が住むエリア。
DSC08824_mini.JPG
↑ バルパライソの街並み。斜面には街にはカラフルな家が並ぶ。

DSC08827_mini.JPG
↑ 斜面にアップ。キレイだ。

DSC08826_mini.JPG
↑ バルパライソのとある通り。この辺りは街の中心。

DSC08828_mini.JPG
↑ この風景、どこかと似てるなーと思ったらニューヨークのタイムズスクエアだった。似てない?笑

DSC08832_mini.JPG
↑ 港町バルパライソ。もちろん海側にはたくさんの船が停泊してたりします。

DSC08829_mini.JPG
↑ 中心は結構な街。


夕方頃、宿で本を読んでると、
ヨシ君がチェックインしてきた!
メールでやり取りしてて今日来るかもとは知っていたが、
久し振りの再会はやはり嬉しい。
相変わらずなヨシ君。
夕飯はヨシ君がパスタ作ってくれました。
DSC08836_mini.JPG
トマトソースと思いきやトマトケチャップ風。笑


ヨシ君の予定が変わり、
ここからイースターでの滞在もヨシ君と一緒になることになった。
これでヨシ君に再び髪を切ってもらえそうだー!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。